丈夫な家で楽しく暮らす|自由度の高い設計で良心的な価格を提供!サカエ建設の人気に迫る!
女性

自由度の高い設計で良心的な価格を提供!サカエ建設の人気に迫る!

丈夫な家で楽しく暮らす

間取り

十分な耐震強度が必要

日本は地震大国です。北海道から九州まで大きな地震に見舞われ、どこが安全という地域はないと言われています。日本にはプレートが多く存在しており、いつ何時地震災害にあうかわかりません。耐震強度が高く、地震に強い家で暮らすことは、家族の安全と家計を守ることになります。阪神大震災や新潟県沖地震など、大きな地震が起こるたびに建物の耐震強度の見直しがなされています。日本は木造建築が多い為、古い家に住み続けている人も多く、地震に強い家に住んでいない人も数多くいます。地震に強い家にするには、まず国で定められた耐震強度であるかどうかが重要です。1978年の宮城県沖地震後、建築基準法が大幅に見直されました。1981年以前に建てられた耐震基準の建物は注意が必要になっています。1981年以降に建てられた家屋は新耐震基準により建築された建物としています。中古住宅を購入する際には、建てられたのがいつ頃なのかを確認することも大切です。地震に強い家を建てるには、様々なチェックポイントがあります。まずは地盤を確認することが大切です。そして木造・鉄骨・鉄筋など、家を構築する中心となる素材や、工法もいろいろあります。家は高い買い物なので、地震に強い家を重要視すると値段は跳ね上がります。自身の住む土地の地盤や建築方法で予算内でおさめるためには、ハウスメーカーとの綿密な打ち合わせが重要です。長く安心して暮らすために、納得するまで確認をしましょう。